グラッチェ 会の記録


神奈川横浜を中心に、春山・夏山・秋山・冬山、すべての山で活動している山岳会です。
教育山行ももりだくさんです。ただいまメンバー募集中。

http://ocha-time.xsrv.jp

2020年12月1日火曜日

甲斐駒ヶ岳、黒戸尾根でのトレーニング

 【日程】2020/11/28 (土),29(日)

【場所】甲斐駒ヶ岳
【目的】冬季前のトレ
【メンバー】ナカ、ぐっさん
【形態】個人山行
【天候】みぞれのち晴れ、
【行程】11/28  [6:00]竹宇神社駐車場 - [14:00]七丈小屋(テント泊)
    11/29  [5:30]七丈小屋--[8:30]甲斐駒山頂--[10:30]七丈小屋着--[11:30]七丈小屋発--黒戸尾根下降
       --[17:00]竹宇神社着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

甲斐駒山頂付近の様子。
前夜の強風が止み、晴天で微風の気持ちの良い登山日和でした。

二本剣と遠くに地蔵岳と富士

山頂のほこら。



<初日>
いつものように竹宇神社にお参りしたのちに入山。

最初は落ち葉の山
紅葉は完全に終わってます。

刃渡りには着雪してましたので慎重に通過。

五丈の台地から見た篠沢七丈瀑。
縦に水が流れてる様子が見えます。
まだ凍結してません、

六丈への登り。

六丈の開力霊神の石碑。
黄蓮谷には左の急な六丈ルンゼを下りますが今回は踏み跡はなし。

七丈小屋付近から見た黄蓮谷右俣の上部かな?


七丈小屋のテンバ。


<二日目>

八丈への登り途中から見た日の出
右には地蔵岳と富士。

八丈の石碑にタッチ。

八丈の奥から岩場に入る。

いくつも鎖場を通過します。


二本剣が近づく

山頂のほこら

登頂しました。

こちらは黒戸尾根方面

こちらは鋸岳方面

こちらは日向山、手前に鞍掛け山

山頂から八丈への下山途中に見つけた壊れかけた登山道の標識。
昨シーズンに黄蓮谷左俣を登った際に稜線に抜けたときにこの標識を見ました。
この標識は八丈の上の岩場に入ったところにありましたので、前回は上に登りすぎたことになります。
本来は、上に詰めるほど傾斜が緩くなるもっと下の八丈の石碑近くに出るのが正解だと思います。
下の写真の付近は急傾斜の上、ブッシュが酷いです。よくこんなところを登ってきたものだと思いました。

テント撤収後黒戸尾根をひたすら下りました。

相当疲れたころにやっと下に到着。
お互いにお疲れさまでした。


<ナカ>


救助隊秋季講習会

【日程】2020/11/28 (土)

【場所】戸沢 水無川河原
【メンバー】やごさん、こもり (ブログ記入)
【形態】個人山行
【天候】晴れ→曇り
【行程】11/28 各自 [12:30]戸沢駐車場集合 - [13:00]講習会開始 - [17:00]ビバーク訓練に移行 - その後河原で宿泊、翌日モミソ岩でのレスキューにそのまま移行

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やごさんと救助隊の秋季講習に参加しました。
色々な内容がありましたが、
特に印象に残った事故直後の初動について記事に残しておきます。


以下事故直後の動きです。
(4)で実際の救助を開始するまでに、やらないといけないことがあります。
焦って行動することが一番危ないので、「まずは落ち着くこと」が大切ですね。


(1)自分自身とメンバーの安全確保を最優先すること
  →事故時はテンパっているはず、まずは落ち着くこと
  →焦って行動して2次事故・遭難を起こすことは厳禁

(2)事故状況の確認、具体的には
  →現場の状況確認 (現場は安全か、滑落、追加の落石リスク有無、など)、危険なら場所を移す必要あり
  →何が起こったか確認
  →要救の受傷状況確認 (意識・呼吸の有無、出血・外傷確認 など)

(3)役割分担の確認
  →まずは明確にリーダーと指示系統を確認 (各自バラバラの行動をとらないこと、非常に危険)
  →その後各役割(安全監視、連絡、記録 etc...)を決めた上で、必ずリーダーの指示で行動

(4)救助開始


その後の具体的なファーストエイドの内容で印象に残っているのは、下記のような内容。
・救助中の声掛けの重要性 (要救に状況を理解させ、落ち着かせる)
・滑落など激しい怪我の場合は頸椎骨折の可能性があるので、かならず首を固定の上で静かに動かすこと
・現場での対応は「本職の救助隊に引き渡すまで状況を悪化させないためのもの」と割り切り、早く引き渡すことを念頭に対応する
・一度落ち着いても時差をおいて容態急変の事例多数、ためらわずに診断を受けること


最後にこれは講習会の内容ではないのですが、他の山行で
「この状況で万が一〇〇が起こったらXXの動きをとる」
ことを常に想定しておかないと、いざという場面でとっさの行動がとれないよ、との会話が。
言われれば当たり前とはいえ、
いざ自身の過去の参考を振り返ると出来ていない場面ばかりですね。。。

冬山に向けて、先週今週とレスキューを見直すとてもいい機会でした。

2020年11月30日月曜日

三つ峠合宿 アイゼン・レスキュー訓練 Day2

 【日程】2020/11/21-22

【場所】三つ峠屏風岩

【メンバー】神野、矢後、山口、唐司、宮田、小森、齋藤 (ブログ記入)  

【形態】会山行  

【天候】快晴

【行程】 Day1 [7:00]駐車場集合-[8:30]四季楽園-[9:00]屏風岩右フェースにて訓練開始-[15:30]終了-[16:00]四季楽園(泊) 

     Day2 [8:00]起床-[9:30]屏風岩左フェースにて訓練開始-[14:00]終了-[15:00]駐車場下山 


1:3のシステムを組む会長


Day1の様子は、こちらから


■Day2(11/22) レスキュー訓練


二日酔いで痛い頭を屏風岩左フェース下にてフル回転!この日は、実際の本チャンに入った想定でビレーヤー、リーダーのそれぞれの立場から、レスキューのためのロープワーク講習を会長がじきじきに行いました。登山学校の講師から教えてもらえるベーシックで確実性の高い技術は、シンプルでありながら要救護者の迅速な救助に役立ちます。


リーダーレスキューの様子


このような技術は、各組織や団体によって独自のやり方が沢山派生していますが、複雑すぎるものや逆に省きすぎて危険なものまで、中には書籍化されていても、それが実際の現場で行えるのか甚だ疑問であったりするものが多いということも事実です。レスキューを要するようなパニック状態で「どんだけ安全か知らんが、複雑すぎてできねー」という技術が多いことは、アルパインクライミングを行っている方なら一度は、悩まれる”あるある”ではないでしょうか。


擬似的な空中懸垂状態

Grazieでは”アルパイン”の現場に即した技術の伝授と習得を上の写真のように楽しく行います。会長(写真真ん中)が矢後さんの背中を押して空中懸垂を擬似的に作り出そうしています。さて、オレンジのウエアの唐司さんは一体なにをしているのでしょう?w



レスキューは、ロープワークを含めてなかなか1度や2度では、身につきません。システムの理屈の理解には、自習も必要です。年に複数回、このような訓練の機会を導入することで、若手や新人も徐々に身に付けることができます。「リーダーはレスキューできるけど、ファローはできない。」では、アルパインで山に入るのは難しい。確実にできるように、みんな何度もロープにぶら下がり繰り返し練習し、日が暮れる前に駐車場へと降りたのでした。


でめたしでめたし





2020年11月25日水曜日

湯河原幕岩 岩トレ

【日程】2020/11/23 (月)

【場所】湯河原幕岩
【メンバー】のりさん、こもり (ブログ記入)
【形態】個人山行
【天候】晴れ→曇り
【行程】11/23 各自 [8:30]湯河原駅前集合[9:00] - バス - [9:30]幕山公園駐車場 - [10:00]岩場、岩トレ[17:00] - [17:30]湯河原駅前 解散

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

のりさんと湯河原幕岩に岩トレに行ってきました。

入会直後に行って以来、半年ぶりの湯河原幕岩。
前回は初めての本格的な外岩で、
トップロープでもけちょんけちょんに弾き返された印象が強いです。

その時の外岩へのちょっとした苦手意識を払拭するためにも、
練習の成果が出ていることを願いながらの岩トレでした。

登ったルート
(シンデレラフェース→ガリバーの岩場→ピーターパンロック→桃源郷)
①オズ 5.8
②道化師 5.9
③ひらけゴマ 5.9- 
④シルクロード 5.7 (こもりのみ)
⑤サンセット 5.10a
⑥ピノキオ 5.10a
⑦アブラカタブラ 5.10a
⑧アボリジニ 5.10a
⑨夕暮れ時 5.10b (のりさんのみ)
⑩インチキするな 5.8 (こもりのみ)

③ひらけゴマ
ここから上部のランナウトが初めて経験する遠さ
手足ともバッチリ効かせても、変な汗がでました。。。

③ひらけゴマの上部
こもりはガッツリ腕の力を使いましたが、のりさんは足を使ってすんなり
要練習ですね

⑨夕暮れ時 トライ中

賑わう岩場
ギリギリまで残って登りこみました


新しい課題も色々と見つかりましたが、
年内の目標にしていた「外岩での安定したリード」が
ようやく少しずつ出来るようになってきた岩トレでした。

そして何よりも楽しかった!!
また練習して行きたいです。

のりさん、お誘いいただきありがとうございました。

2020年11月24日火曜日

三つ峠合宿 アイゼン・レスキュー訓練 Day1

【日程】2020/11/21-22

【場所】三つ峠屏風岩

【メンバー】神野、矢後、山口、唐司、宮田、小森、齋藤 (ブログ記入)  

【形態】会山行  

【天候】快晴

【行程】 Day1 [7:00]駐車場集合-[8:30]四季楽園-[9:00]屏風岩右フェースにて訓練開始-[15:30]終了-[16:00]四季楽園(泊) 

     Day2 [8:00]起床-[9:30]屏風岩左フェースにて訓練開始-[14:00]終了-[15:00]駐車場下山 


訓練の充実度を示す笑顔



■Day1(11/21) アイゼントレーニング


この日は三連休の初日。都心から出てくるには、前乗りしか選択肢がなかった。21日の未明にも関わらず、到着した三つ峠の駐車場は、すでにトイレの並びは埋まってしまっていた。1つ上に、比較的フラットなところ探して停める。


4時間ほど眠れただろうか、朝6時前、車の荷室の冬シュラフの中、アラームが鳴る前にハイカーたちの賑やかな声に起きた。ハイカーたちは紅葉を期待していただろうに、今年はすでに終わってしまっていて、風にパラパラと枯れ葉が悲しげに落ちている。


さて、この日はというとアイゼントレーニングである。前回、広沢寺にて足慣らしをしたので、より斜度のある右フェースにて更なるトレーニングを行うのだ!・・・あ、玄関に冬靴忘れた。



うなだれる僕を矢後さんと宮田さんが励ましてくれ、なんとか林道を歩いた。先行パティーが複数いたのでダメかとも思ったが、到着した右フェースは幸運にも空いていてくれた。早速トップロープを張り、訓練開始。自分も宮田さんに靴をお借りして登攀させていただきました。宮田さん、本当にありがとうございます(男泣)



都岳連ルート

バイパス

都岳連ルート

一般ルート中央

右フェース全体の訓練の様子

四季楽園宿泊ということで、みんなで日が落ちるまで登り込んだ。そして、美味しいご飯とお酒をたんまりいただき、「こんなのはGrazieらしくない!」の神野会長の言葉を無視して(笑)訓練後も呑みながら飽きるまで、みんなでロープワーク講習会を実施したのでした。

でめたしでめたし

Grazieらしからぬ呑みの場でのロープワーク講習

Day2へ続く・・・

2020年11月20日金曜日

広沢寺アイゼントレ

  【日程】2020/11/15 (日)

【場所】広沢寺 弁天岩
【メンバー】こうのさん、やごさん、一樹さん、ゆーたさん、こもり (ブログ記入)
【形態】個人山行
【天候】晴れ
【行程】11/15 各自 [9:00]光沢寺前駐車場集合 - [9:30]弁天岩、アイゼントレ - [15:00]撤収、解散

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すぐそこに迫った雪山シーズンに向けて、広沢寺でアイゼントレを行いました。

※以下車の写真がありますが、アイゼントレのブログです

広沢寺の駐車場で皆さんを待っていると、
巷では見ないかっちょいい車が爆音で近づいてきます。
乗ってる人何かこっち見て笑ってる、ナニコレ怖いと思ってよく見ると、
よく知った顔でした 笑
(小さな)トランクを開けると冬山装備がいっぱい、最高にイカしてますわ。。。

早速弁天岩に移動してアイゼントレ開始。
広沢寺はアイゼンで登れるエリアに制限があるので要注意のこと。
岩場に着いてすぐの場所に看板があるので要参照。
今回は岩に向かって右側の岩場で練習です。


トップロープを2本張っての練習。

素手→軍手→冬季グローブ→ピッケルと変えて練習をします。
素手≒軍手<<<冬季グローブ<ピッケルで難しいです。
特に冬季グローブ初回は衝撃でした、ホールドが全然使えない。。。

普通の岩と一緒で足に乗らないといけないのですが、
感覚の分からないアイゼンがとにかく怖い。

こうのさん自作ルート挑戦中
皆さんもスイスイ登ってるー
こもりもやらせてもらいましたが、手足とも悪くプルプルした後一発では完登ならず、
後で冷や汗かきながらやり直しました

一通り終わって撤収

7本ほど登ったでしょうか、始めと終わりで登る感覚が全く変わっていました。
冬山シーズン始めに必ずアイゼントレを行う意味を実感。
少しずつ準備が進むにつれて、冬山が待ち遠しくてたまりません。

皆さん、ありがとうございました!!


2020年11月14日土曜日

日和田山 岩トレ

【日程】2020/11/14 (土)
【場所】日和田山 男岩
【メンバー】小森、齋藤 (ブログ記入)  
【形態】個人山行  
【天候】快晴
【行程】 [6:00]駐車場集合-[7:00]男岩-[7:30]登攀開始-[15:15]終了-[16:00]駐車場下山

「出稼ぎルート」

初めてやってきた岩場。東京からは1時間ほど。岩場までは駐車場から20分くらいとアクセス良好。Ⅳ~Ⅴ中心と優しいグレード感。山岳会などの初心者講習によく使われるようで、人気とな。駐車場集合朝6時の指示が小森氏より飛ぶ。

「男岩南面」

アップダウンもあまりなく、本当にこの先に岩場があるのかと思うほどの公園のような感覚に近い登山道は明瞭だった。ほどなく男岩が現れた。支点が脆弱ということもあって、高巻いてトップロープを設置する。いざ登攀。

「男岩西面」

男岩西面はバルジ(Ⅴ)、西面クラック(Ⅴ)、松の木ハング(Ⅴ+)など、それぞれ2登ずつ。どこもホールドになりうるような、、、どれが正しいルートなのか、正直よく分からないが、とにかく気持ちよく登ろう。初心者が少し悩みながら楽しめる壁だと思う。


「松の木ハング核心部」

それにしても居心地が良すぎる。日差しが十分入り、日陰でも11月というのに暖かく、樹林帯のおかげか風もない。半袖になるか迷うくらいだ。

9時を過ぎると少しずつ団体が集まって来ては、ロープを張りだす。瞬く間に満員御礼。特に南面はアイゼントレやら、荷を背負って冬グローブつけての冬季アルパインクライミングのトレーニングやら、色々と賑わっていた。

西面を一通り楽しんだ我々は、南面のはじっこの出稼ぎルートにロープを垂らした。ここだけ人がいなかったのだ。5.10d。トップロープだし、チャレンジあるのみ!


「いったい何登したのか、、、。」

「ビデオを回すのを忘れていたので、マジクロススローパーの映像はないため、その前の勇姿。小森氏チャレンジの様子」


結果は無念の惨敗。午後のほとんどを出稼ぎルートに費やし、小森氏の必殺技『マジクロススローパー(マッチしてからデッドで左手を出すところを、渾身のマジ!によりクロスが可能となり、右手で手前の小スローパー、その1手奥のスローパーを左でスタティックに取りに行く)』も弾き返された。

でもたぶん、この岩場で一番楽しんでいたのは自分たちだったと思う。出稼ぎは、どーしても登れなかったけど最高に楽しかった。リベンジしにまた来よう!と、小森氏と誓い荷をまとめた。

相当疲れていたのか、下山ルートをロストし、かなり回り道して駐車場に戻ったのは内緒である(笑)